クールで渋い大人の世界

驚くほど上達するサックスDVD教材はこちら



驚くほど上達するサックスDVD教材はこちら



音楽の○度とは何か?【完全、長短、増減系について】

タカミチ
WRITER
 
度数とは
この記事を書いている人 - WRITER -
タカミチ
サックス・ジャズに関するブログを運営してます。小学4年からサックスを習い続ける弟の影響でジャズの世界へ飛び込む。現在はテナーをやる前提でアルトサックスに取り組み中。好きなプレイヤーはスタン・ゲッツ。
詳しいプロフィールはこちら

今回お話するのは、初心者が混乱しやすい「度数」について。

増○度とか完全○度といった言葉を聞いた事はあっても、いまいち理解出来ないですよね。

今回は音楽の度数に関して、初心者にも分りやすく解説します。

この記事の最後で、度について説明した神動画も紹介してるので、合わせてチェックしてみてください。

 

度とは何か?

度とは、基準となる音(1度)から対象となる音までどれだけ離れてるかという意味です。

ピアノの鍵盤を見れば、度の構造を理解しやすいかと思います。

度の基本

 

上記の通り、ピアノの白鍵は大きく1〜8度まであります。

ドを基準とした場合、ド=1度、オクターブ上のド=8度。

ド〜ミの間は3度、ド〜ラは6度離れていて、これがもし「ファ」を基準とした場合、ファ〜ラが3度、ファ〜シが4度になります。

ここまでは簡単。基準の音から白鍵を数えるだけで何度か分かりますからね。

しかしこれだけでは度を全て表現出来ません。

それはなぜかというと、音には全音と半音の2種類存在するからです。

 

度を理解するための前提知識(全音と半音)

まず前提知識として覚えて頂きたいのは、ピアノの白鍵一個・黒鍵一個が各々、半音分の長さになるという事。

白鍵と黒鍵を一個ずつ組み合わせた場合、半音+半音で全音になります。

全音と半音の関係

 

上記の通り、ミとファ、シとド(オクターブ)は黒鍵を挟まないため、半音の関係になりますね。(他はすベて全音)

ピアノは全音半音の2種類で構成されており、基準となる音が変われば度数の幅も変わってくるわけです。

 

仮にドとレを基準とした場合、それぞれ1度からの距離が異なります。

3度までの幅は、ド基準だったら全音2つ分、レ基準だと全音1つと半音1つ分。

これらの音幅を言葉で示すために存在するのが、長3度や完全1度といったもの。

次項で度の種類を一つずつ説明していきます。

 

度の種類は?

完全○度

完全○度

スケールの中で、1、4、5、8度に該当する音を完全○度と言います。

ドを基準にした場合、ドからファは完全4度の関係。完全8度は基準の音から1オクターブ分の距離になります。

一般的なイメージですが、完全系(完全○度)は、調和された美しい響きが特徴的ですね。

 

長○度/短○度

長○度

2、3、6、7度の音を長○度という呼び方をします。

つまりは完全系(1、4、5、8)を除く部分の事。

ドを基準にした場合、ドからレの間は長2度の関係。ドからラだと長6度。

 

そして、長よりも半音低くした音を短○度と言います。

2、3、6、7度にbを付けると、長○度→短○度に変わりますね。

先程、ドからレの間は長2度と言いましたが、このレにbが付くと短2度になります。

 

増○度

これまで説明してきた完全・長・短より半音高くすると増○度。

ド〜レの関係は長2度ですが、このレに#を付けると増2度です。

ド~ファは完全4度ですが、ファ#にすると増4度になりますね。

 

減○度

完全・長・短より半音低くすると減○度です。

基準をレにすると、レ~ファが短3度(全音1つと半音1つ)。このファにbを加えると減3度になります。

 

重増/重減

増より半音高くすると重増、減より半音を低くすると重減です。

重増、重減は音楽の世界で使われる事が少ないため、頭の片隅に入れといて下さい。

一つ例を挙げると、ド〜ファ#を増4度だとして、基準のドにbを加えると重増4度になります。

 

度について解説してるユーチューブ動画

これまでの説明を復習するために、ユーチューブ動画を見ていきましょう。

数ある度の説明動画の中で、分りやすいもの厳選しました。

 

おすすめ1、短3度とか完全5度とか無理(*´▽`*)という人のための動画♪

どんなに度が苦手な方でも、下記の動画を見れば理解出来ます。

 

続いては基準の音を変えた時の解説動画。

 

おすすめ2、度数と種類(長・短・完全)

こちらもピアノで度を示してくれており、とても分りやすいです。

 

おすすめ3、「度数とは」楽しい音楽理論講座 音感クイズ付き

ギターの音で度数当てクイズをする動画。ギター経験者じゃないと当てるのが難しい…

 

まとめ

度の仕組みを理解するのはそこまで難しくありません。

それよりも、いかに暗記出来るかが勝負になってきます。

楽器の練習をしながら、少しずつでも「度」に慣れていきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
タカミチ
サックス・ジャズに関するブログを運営してます。小学4年からサックスを習い続ける弟の影響でジャズの世界へ飛び込む。現在はテナーをやる前提でアルトサックスに取り組み中。好きなプレイヤーはスタン・ゲッツ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Jazz Sax , 2019 All Rights Reserved.