クールで渋い大人の世界

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アルトサックス】寺久保エレナの魅力やおすすめ曲を紹介します。

タカミチ
WRITER
 
寺久保エレナ
この記事を書いている人 - WRITER -
タカミチ
サックス・ジャズに関するブログを運営してます。小学4年からサックスを習い続ける弟の影響でジャズの世界へ飛び込む。現在はテナーをやる前提でアルトサックスに取り組み中。好きなプレイヤーはスタン・ゲッツ。
詳しいプロフィールはこちら

今回お話するのはジャズサックス奏者「寺久保エレナ」について。

彼女は今や海外で活躍するジャズミュージシャン。日本では敵なしの実力派アルトサックス奏者です。

しかし日本国内での知名度は今ひとつですね。

本記事では彼女の何か凄いのか、分かりやすく説明できればと思います。

 

寺久保エレナのココが凄い!

まずはエレナの魅力を3つ見ていきましょう。

1、アドリブが凄まじい

とにかくアドリブのテンポが速く、「一小節に音符を何個詰め込んでるんだ??」って思うくらいです。

彼女のデビューアルバムに収録されてる「It’s You or No One」を見れば一目瞭然↓

上記ライブ映像も凄いんですが、アルバムに収録されてるアドリブはもっと凄いですね。

ただ速いだけじゃなく、1音1音しっかりしてるのが素晴らしい!

ここまで凄まじいのは、川嶋哲朗(テナーサックス)、ゆっこミラー以外見たことありません。

 

2、勢いがある

彼女が高校生(デビューしたて)の時、アドリブにかなりの勢いがありました。

下記の動画なんかそう。

エネルギーと才能が溢れんばかりに突っ走る感じが個人的に好きです。

「この子は将来大化けするんじゃないか??」と感じさせるような演奏ですね。

大物ジャズミュージシャンが早くから注目したのも無理はありません。

最近のエレナはデビュー時のような突っ走る感じではないですが、速さよりもストーリー性に重きを置いてるように思います。

 

3、初心者と上級者の両方を唸らせる

彼女の演奏はストレートでクリアな感じ。それが初心者にとって親しみやすいです。

オーネットコールマンのフリージャズみたいに、初心者が聴いて嫌になる感覚は全くありません。

かといってエレナの技術レベルが低い訳ではなく、むしろ上級者から高い評価を得ています。

自信がない演奏者ほどテクニックを詰め込み過ぎですが、彼女にはそれがないんです。

下手にカッコつけず、正直に自分の音楽を表現してますね。

 

寺久保エレナのおすすめ曲を紹介

MY FOOLISH HEART

MY FOOLISH HEARTはバラード曲です。

思わず感動するくらい心を打たれるメロディー。

アドリブでは1人2役を演じてる部分だったり、静かなトーンと激しめのトーンを上手く使いこなしてます。

ただ悲しいというよりは、困難に直面しつつも力強く突き進む感じが伝わりますね。

 

YES OR NO

冒頭から迫力満点の演奏。

アドリブが個人的に好きで、まるで宇宙空間にいるような感覚に引き込まれます。

テンポ自体が結構速く、エレナの凄さが伝わる曲ですね。

しかもこれ収録した時はまだ高校生です。

 

バード・リウズ

海外のライブハウスで「バード・リウズ」を披露した時の映像です。

全体的に高音で構成されています。

アドリブのレベルの高さは超一流。

彼女が凄いのはもちろん、それに付いてこれる伴奏陣も素晴らしいですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
タカミチ
サックス・ジャズに関するブログを運営してます。小学4年からサックスを習い続ける弟の影響でジャズの世界へ飛び込む。現在はテナーをやる前提でアルトサックスに取り組み中。好きなプレイヤーはスタン・ゲッツ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Jazz Sax , 2020 All Rights Reserved.