クールで渋い大人の世界

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チャーリー・パーカーの名盤(おすすめアルバム)を紹介

タカミチ
WRITER
 
チャーリー・パーカー
この記事を書いている人 - WRITER -
タカミチ
サックス・ジャズに関するブログを運営してます。小学4年からサックスを習い続ける弟の影響でジャズの世界へ飛び込む。現在はテナーをやる前提でアルトサックスに取り組み中。好きなプレイヤーはスタン・ゲッツ。
詳しいプロフィールはこちら

チャーリー・パーカーの名盤(おすすめアルバム)を紹介

CHARLIE PARKER WITH STRINGS

モダン・ジャズの頂点に位置するチャーリー・パーカーの音楽は、決してわかりやすいものではない。

しかし一度彼の音楽の素晴らしさを理解してしまうと、

それをきっかけとしてジャズの全域に対する新しい視点が開けてくる。

このアルバムは昔からパーカー入門編としては定評のある作品で、ストリングスをバックにパーカーが比較的原曲に忠実に演奏している。

おそらく始めのうちはパーカーがキチンとメロディーを吹いているところに親しみを感じると思うが、

そのうちに彼が一瞬のうちにメロディーをくずしてしまうところに不思議な快感をおぼえるはずだ。

そしてそのあたりからあなたのジャズ中毒の症状が始まる。

なおストリングスのダサさはギャグだと思って下さい。

【アルバム名】

チャーリー・パーカー・ウイズ・ストリングス

【収録日】

1949、50年

【パーソネル】

チャーリー・パーカー(as) アル・ヘイグ(p)トミー・ポッターorレイ・ブラウン(b)ロイ・ヘインズorパディ・リッチ(ds)ほか

CHARLIE PARKER ON SAVOY

’40年代半ばから末までのチャーリー・パーカーの絶頂期といわれている時期を、

このサボイ・セッションはダイアル・レーベルとともに完全にカバーしており、

パーカーを聴こうというファンにとってまずは必聴”のアルバムと言えよう。

ビバップというのは昨今の、事前に周到に仕組まれた、売れ線狙いの音楽とちがって、

本当の本物の、触れば火傷するような即興演奏”だから、

当然聴き手に媚びるようなところはまったくない。

だから初めは聴きどころをつかむまで少々てこずるかもしれない。

しかし、あんまり難しく考えないで、バーカーのアルトを追って聴いて、

どこまでがテーマでどこからアドリブが始まるのか、といったあたりから攻めていったらいいだろう。

【アルバム名】

チャーリー・パーカー・オン・サポイ〜マスター・テイクス

【収録日】

1945〜48年

【パーソネル】

チャーリー・パーカー(as)マイルス・デイビスorディジー・ガレスピー(tp)バド・パウエル(p)トミー・ポッター(b)マックス・ローチ(ds)ほか

BIRD” IS FREE

チャーリー・パーカーを生で聴いた人に言わせると、

現在残されているどんな記録も、彼のライブ・パフォーマンスの凄まじさを伝えきってはいないと言う。

こういう話を聴くと、もう僕らはいまさらながらパーカ一神話にひれふしてしまうしかないのだが、

それでもなんとか想像力を働かせてみる余地はある。

それは音質は悪くても彼のライブ盤を聴いてみることだ。

このアルバムは数あるパーカーのライブ・セッションの中でも愛聴している演奏で、

音はよくないが、パーカーの天才的飛翔ぶりをあますとこうなく伝えている。

ワン・ホーンで延々と吹きまくっていっこうにアイディアのつきないところなどは、

スタジオ盤だけではちょっとわからない彼の底知れなさを見る思いがする。

【アルバム名】

バード・イズ・フリー

【収録日】

1952年

【パーソネル】

マンデル・ロウ(g)ウォルター・ピショップ(p)テディ・コティック(b)マックス・ローチ(ds)

 

【重要】チャーリー・パーカーは〇〇〇で聴くべし

チャーリー・パーカーの名盤はアマゾンミュージックで聴くのがオススメ。

アマゾンミュージックは月額980円の音楽配信アプリです。

アプリに収録された6,500万曲が聴き放題で、その中にジャズやチャーリー・パーカーの曲が入っています。

ジャズ好きの筆者も利用してますが、CDと違って外出時にスマホで聴けるのが便利ですね。※パソコンでも聴ける

アマゾンミュージックは30日間無料。万が一合わない場合、無料期間内に退会可能です。

少しでも興味ある方は無料で試してみてください↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
タカミチ
サックス・ジャズに関するブログを運営してます。小学4年からサックスを習い続ける弟の影響でジャズの世界へ飛び込む。現在はテナーをやる前提でアルトサックスに取り組み中。好きなプレイヤーはスタン・ゲッツ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Jazz Sax , 2020 All Rights Reserved.