クールで渋い大人の世界

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【口コミ】ナユタス横浜駅前校のボイストレーニングが衝撃過ぎた

WRITER
 
ナユタスのボイトレレッスン
この記事を書いている人 - WRITER -
月間3千人が訪れるJazz Saxブログを運営してます。弟の影響でジャズの世界に飛び込み、SAXプレイヤー尾崎一宏氏に3年間師事。好きなジャズサックス奏者は寺久保エレナ、川嶋哲郎。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!タカミチです。

僕は先週、ナユタス横浜駅前校で体験レッスン(ボイトレコース)を受けてきました。

その結果、いい意味で期待を裏切られましたね。

体験レッスンというと、軽く触りだけ教えて終わり的なイメージがあると思います。

ナユタスの場合、これでもかというくらい濃密に教えてくれました。体験レッスンなのにレッスン10回分受けたような感覚です(笑)



いざナユタス横浜駅前校へ

ナユタス横浜駅前校は立地がすごく良いです。

場所は横浜ビブレの真裏(ローソン横のビル)にあります。

ナユタス横浜駅前校のビル前

エレベーターで4階に上がり、そのまま左奥のフロアへ。

すると30代前半くらいのお兄さんが現れました。

はじめまして!マネージャー兼レッスンを担当している江川と申します。

江川

よろしくお願いします!

タカミチ

まずはじめにカウンセリングシートを記入する流れに。

ボイトレに関する悩みや目標をチェック項目に記入。

その後、レッスンブースへ移動します。

 

マンツーマンの体験レッスン開始

ナユタス横浜駅前校のレッスンブース

体験レッスンでまずはじめに教わったのが腹式呼吸でした。

腹式呼吸は歌が上手くなる為に必要不可欠な要素です。

腹式で歌う大きなメリットは呼吸の量が増えること。
人は歌を歌う時、喉で歌いがちです。その結果、喉が痛くなります。

江川

ふむふむ

タカミチ

正しくやれば喉は痛くなりません。
腹式のやり方が分からなかった場合は全ての負担が声帯(喉)に来ます。

その負担を3割程度に抑えて、7割を腹に持ってくるようにします。

江川

胸式は音の形が尖ってキンキンしたように聴こえる。うるさい。

それに対し腹式は声帯に掛かる負担が小さくなるので、声が柔らかくなるとのこと。

腹式と胸式でそれぞれ声を出し、違いを見せてくれました。

 

声帯の仕組み

続いては声帯についての説明です。

声帯を上から見た時、膜が2つ。膜2つが振動を起こすことによって音が鳴ります。
「ぶるるるる」とリップロールみたいに音が鳴るんです。

江川

胸式は声帯を伸ばすことで高音に持っていく。
腹式は呼吸の量を増やすことで高音に持っていく。その時、声帯は引っ張られません。

江川

ここでも声帯と腹式を結びつけて、腹式の重要性を力説してました。

口の開き方

続いては口を開くコツについて。

口の形は基本盾、あくびするようなイメージで吸うと良いとのこと。

すると喉奥の柔らかい部分が引き上がり、リバーブが掛かった状態になります。

ここで江川さんがスキマスイッチ、ドライフラワーを歌い、口の形の良い例・悪い例を見せてくれました。

さすがプロ講師、迫力が凄かったです。

 

1曲カラオケを歌う

続いて好きな歌を1曲歌うよう指示されます。

人前で歌うのが久々だったので緊張しました。

高い音に行けば行くほどお腹に力が抜けちゃって「あっあっ」とつまるような声になってしまってますね。
極端にお腹(腹式)に力が入ってないです。

歌は声で意識しちゃダメ。呼吸を意識する。
呼吸がグーッと前に出続けてるものだとイメージすると良いです。

江川

自分の歌をアドバイスされるのは初めてで、大変勉強になりました。

 

腹式呼吸の実践

鏡を見ながら腹式呼吸についてレクチャーされます。

肩、胸が上がらないよう吸って吐くを実践。

なぜ肩、胸が上がるとNGなのかも説明してもらいました。

息を出し入れするコツに関しても「なるほど!」と思いましたね。

このへんは企業秘密なので、直接レッスンを受けて教わってください。

 

【全校共通】ナユタスの必須情報

ナユタス

江川さん(マネージャー兼講師)から聞いた内容をまとめました。

ナユタスの入会を検討してる方にとって、どれも重要な情報です。

 

講師の質

ナユタスの講師はかなり質が高いとのこと。

音楽経験豊富なマネージャーが選び抜いてるそうです。

また講師にも色々なタイプがいますね。(論理派、感覚派など)

体験レッスンで生徒さんの特徴を把握し、その人に一番合う講師をセッティングしてます。

 

マンツーマンレッスン

ナユタスはマンツーマンレッスンのみです。

人それぞれ課題や成長スピードが違うので、マンツーマンの方が絶対いいと言ってました。

あとグループだと一人一人に割ける時間が少なくなってしまいますね。

 

ブース貸し出し

なんとナユタスはレッスンブースを無料で貸し出してます。

借りる回数無制限。

家で歌の練習すると音漏れが気になり、思い切って声が出せない。その結果、体に余計な力みが入ってしまう。

そんなリスクを避ける為に思いっきり歌ってほしいとのことでした。

 

レッスン頻度

レッスン回数は月2〜8になります。

江川さんはスケジュールに余裕を持って欲しいとのことで、月2〜3を推奨してました。

中にはハードル上げ過ぎて月5にして、続かない人がいるそうですからね。

途中で回数を変えることも出来るので、まずは月2が良いと思います。

 

ナユタスに向いてる人

ナユタスにも向き不向きがあります。

ただ単にお友達を作りたい、楽しみたいという人には向いてないそうです。

ナユタスは元々プロフェッショナリズムを重視する音楽教室。

ということは、本気で歌が上手くなりたい人に向いてます。

歌が上手くなることで結果的に楽しくなるということも言ってました。

 

ナユタスが改めて凄すぎた件

ナユタス

僕はヤマハ音楽教室に3年以上通ってたのですが、ナユタスはその何倍も凄いです。

ブースを使い放題なのもレッスンを振替出来るのも、ヤマハにはないですからね。

あとヤマハは緩い感じのレッスンが多かったりします。

ナユタス横浜駅前校のレッスンブース

それに対しナユタスは講師が真剣で、レッスン自体がガチな感じでした。

今回の体験レッスンで知名度とクオリティは必ずしも一致しないんだと痛感しましたね。

ナユタスみたいなマイナーな教室でも凄いとこは凄いです。

 

ナユタスのレッスン料金

ナユタスのレッスン料金

レッスンブース使い放題なのにこの価格。

今なら入会金11,000円→無料です。

体験レッスンも無料なので、まずは体験だけでも受けてみてください👇



この記事を書いている人 - WRITER -
月間3千人が訪れるJazz Saxブログを運営してます。弟の影響でジャズの世界に飛び込み、SAXプレイヤー尾崎一宏氏に3年間師事。好きなジャズサックス奏者は寺久保エレナ、川嶋哲郎。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Jazz Sax , 2022 All Rights Reserved.